会社更生法申請など経営者のための会社倒産回避相互コミュニティ

会社倒産救済会 経営者のための会社倒産回避相互コミュニティ 会社倒産救済会 経営者のための会社倒産回避相互コミュニティ お問い合わせ
プロフィール
金森重樹プロフィール
1970年生まれ
25歳年収240万円のフリーターのときに負った5400万円の借金が5年間で利息と遅延損害金で1億2700万円まで膨れ上がる。
また、その借金は免責不許可事由に該当するため自己破産もできない状況に追い詰められる。
会社に就職してサラリーマンになるとともにマーケティング技術を極め、その後独立し10年かかって借金の完済に至る。
この借金の塗炭の苦しみから得た気づきを基に、借金で苦しむ人間同士が困難を切り抜けた人を交え、お互いに助け合える相互扶助のコミュニティを作る。
金森重樹プロフィール 続きはこちら
プロフィール

Home ->   保証人なしでの賃貸住宅のあっせん

保証人なしでの賃貸住宅のあっせん


会社倒産回避・会社更生法等『借金解決情報メルマガ』(無料)
会社倒産、破産、借金解決に向けた最新ニュース、会社更生法申請のご相談。
金森からのメッセージ、交流会などのイベント情報を配信しています。
フリーメール以外のアドレスをご登録下さい。(詳しくはこちら
E-Mail: 購読解除はこちら

経営者の破産は個人が自己破産する場合と違って、個人破産と会社の倒産が同時に襲って
きます。
その場合、仕入先、借入先銀行・ノンバンクなどが会社や自宅に殺到して、ダンプやトラックを
横付けして自力救済を図ることで、会社やご自宅がめちゃくちゃにされる状況も想定されます。

経営者の方は、それでも覚悟が出来ているでしょうから、『いよいよ来たか・・・・・・』と思うで
しょうが、奥さんやお子さんにとっては、そのような債権者に家を滅茶苦茶に破壊され、
奪いつくされる現場に立ち会うこと、心に大きな傷を残し将来的に家庭に暗い影響を与えて
しまう可能性があります。

経済的な破綻が必ずしも家庭の破綻につながるわけではないのです。
経済的に破綻しても、しっかりとした家庭があれば、家族の支援を受けながら再起を図ることが
可能です。
なるべくならば、家族に破綻の修羅場を見せないようにしたいものです。
破綻した経営者の場合、自分でどこかで家を借りようとしても、
通常は保証人になる人もいませんし、不動産やのほうでも支払能力に
不安を感じ、なかなか入居の斡旋をしてくれません。

このようなことから、僕のほうで保証人なしでの賃貸住宅のあっせんをさせていただきたいと思います。
ご希望の場合には、ご連絡いただければと思います。




ご相談・お問い合わせはこちら



Home ->   保証人なしでの賃貸住宅のあっせん


会社倒産救済会 経営者のための会社倒産回避相互コミュニティ お問い合わせ 会社倒産救済会 経営者のための会社倒産回避相互コミュニティ

会社更生法申請のご相談。会社破産、会社倒産を回避。倒産回避相互コミュニティ