会社更生法申請など経営者のための会社倒産回避相互コミュニティ

会社倒産救済会 経営者のための会社倒産回避相互コミュニティ 会社倒産救済会 経営者のための会社倒産回避相互コミュニティ お問い合わせ
プロフィール
金森重樹プロフィール
1970年生まれ
25歳年収240万円のフリーターのときに負った5400万円の借金が5年間で利息と遅延損害金で1億2700万円まで膨れ上がる。
また、その借金は免責不許可事由に該当するため自己破産もできない状況に追い詰められる。
会社に就職してサラリーマンになるとともにマーケティング技術を極め、その後独立し10年かかって借金の完済に至る。
この借金の塗炭の苦しみから得た気づきを基に、借金で苦しむ人間同士が困難を切り抜けた人を交え、お互いに助け合える相互扶助のコミュニティを作る。
金森重樹プロフィール 続きはこちら
プロフィール

Home ->   勝ち組営業マンの日常

勝ち組営業マンの日常


会社倒産回避・会社更生法等『借金解決情報メルマガ』(無料)
会社倒産、破産、借金解決に向けた最新ニュース、会社更生法申請のご相談。
金森からのメッセージ、交流会などのイベント情報を配信しています。
フリーメール以外のアドレスをご登録下さい。(詳しくはこちら
E-Mail: 購読解除はこちら

これまで僕がお話しした、名簿を端緒としたセールスからマーケティングへの営業方法の転換について、あなたが自然なものと感じられたとしたら、決してこの結論は自然でもなければ、一般的でもないと申し上げなければなりません。 むしろ、マーケティングのことを考えることのほうが非常にレアケースです。 デベロッパーの営業の世界では、今でもセールスを中心とした営業方法が主流であり、僕が営業部に配属されず幸運にも外から営業部を客観的に眺めることができたことも、マーケティングに興味を持つのに影響を与えたことは間違いありません。 マンションデベロッパーの営業は、通常は次のようなスタイルで行われます。 だいたい朝は社長の訓示から始まって、ものすごい気合いと大声を上げながら、みんなで営業訓を唱えたりします。_「○部○課契約○本、金額○千万円!」と契約状況の発表が営業の部課単位でさせられて、ゼロ社員が逃げも隠れもできない体制が敷いてあります。 ゼロ社員は、各部に戻って詰められたり、罵声を浴びせられたり、場合によっては折檻されたりします。 で、一斉に電話営業がスタートします。 毎日数百本の電話をかけまくるのですが、当然、上司から追い立てられてガンガンかけていないと鋭い怒鳴り声が飛んできます。 ここで、できる人間とできない人間の分かれ目となってくるわけですが、基本的には上司はできる人間には何も言いません。 昼間から、パチンコを打っていようが、喫茶店で涼んでいようが、サウナに出かけようが、風俗に行こうが、結果を出して稼げる人間になった者には誰も何も言いません。 できる人間は実は、こっそりと良質な名簿を入手することに時間をかけて、あとは短時間で怒涛のように売りまくって終了なので、意外と労働時間は短いです。 それで、次の日まで疲れが残らないため、営業の効率も非常にいいです。 だから、マーケティングにまで興味を持つことはありません。 どんどん上に行って、下の人間に強烈なプレッシャーとノルマを掛けて、恐怖で支配することで下の人間の上がりをハネてウハウハの状態になります。 高級車を乗り回して、いい時計をして、いい暮らしをして、新人にいつかは俺もと思わせて夢を煽ります。 何回か転職して、幹部になれば、そのあとは「自分が頭になって、デベでもやってみるか」と考えて、自分の子飼いの精鋭部隊を引き連れて独立します。


借金の底なし沼で知ったお金の味 25歳フリーター、借金1億2千万円、利息24%からの生還記(金森重樹著)
このコラムが本になりました。下のリンクからアマゾンで購入できます。

借金の底なし沼で知ったお金の味 25歳フリーター、借金1億2千万円、利息24%からの生還記(金森重樹著)



Home ->   勝ち組営業マンの日常


会社倒産救済会 経営者のための会社倒産回避相互コミュニティ お問い合わせ 会社倒産救済会 経営者のための会社倒産回避相互コミュニティ

会社更生法申請のご相談。会社破産、会社倒産を回避。倒産回避相互コミュニティ