会社更生法申請など経営者のための会社倒産回避相互コミュニティ

会社倒産救済会 経営者のための会社倒産回避相互コミュニティ 会社倒産救済会 経営者のための会社倒産回避相互コミュニティ お問い合わせ
プロフィール
金森重樹プロフィール
1970年生まれ
25歳年収240万円のフリーターのときに負った5400万円の借金が5年間で利息と遅延損害金で1億2700万円まで膨れ上がる。
また、その借金は免責不許可事由に該当するため自己破産もできない状況に追い詰められる。
会社に就職してサラリーマンになるとともにマーケティング技術を極め、その後独立し10年かかって借金の完済に至る。
この借金の塗炭の苦しみから得た気づきを基に、借金で苦しむ人間同士が困難を切り抜けた人を交え、お互いに助け合える相互扶助のコミュニティを作る。
金森重樹プロフィール 続きはこちら
プロフィール

Home ->   会計の知識の必要性

会計の知識の必要性


会社倒産回避・会社更生法等『借金解決情報メルマガ』(無料)
会社倒産、破産、借金解決に向けた最新ニュース、会社更生法申請のご相談。
金森からのメッセージ、交流会などのイベント情報を配信しています。
フリーメール以外のアドレスをご登録下さい。(詳しくはこちら
E-Mail: 購読解除はこちら

管理系の書類は、勉強するだけで作成できる内容でしたが、その中で経理から上がってくる数字と実績を対比する予実というものが、僕のその当時の頭ではよくわかりませんでした。 わからない理由を考えてみると、僕には会計の知識が全然なかったからでした。 管理系の書類の整備は、法規を調べて、それと照合しながら書類を作成していけば、それで事足ります。あとは、それが法規に従って運用されているかどうかをチェックしていけばいいです。 一方、予実とか、その予算をつくる経営企画は、会社の実態的な数字の流れを追うものです。法規との照合ではなく、予算という自分で作った前提と照合して結果をチェックするものだから、法務系の仕事とはまるっきり違うわけです。 この会計の仕組みがわからないと、事業経営というのはわかるものではないです。 数字を毛嫌いしていたのでは、いつまでも一人前の経営者になることはできないでしょう。 総務とか人事とか労務とかいったセクションは、コストセンターですので会社の数字に敏感ではありません。なので、会社の経営状態にかかわらず淡々と物事を進める傾向があります。 ですが、会計は事業経営に直結していますし、その内容によっては、事業のかじ取りを大きく変更しなければならない場合もあります。 そして、この会計がよくわかっていない経営者は、会社の経営状態がいい時には、イケイケどんどんで会社を大胆に大きくしていきますし(だいたい不動産業はこの度胸だけで大きくなる会社が大部分で、経営者も怖いもの知らずのタイプが多いですが)、逆風にあった時には、肺癌なのに風邪薬と睡眠薬を処方してとりあえず寝かしてしまうといったような間違った対処の仕方で事態を悪化させてしまい、急速に倒れるケースが多いです。 経営者が会計について十分な知識があれば、違った方向転換のやり方があっただろうなと感じる場面によく出くわします。 これは、売上が数百億円規模になっても不動産会社の場合には十分にあり得る話です。 不動産会社は営業出身で腕一本でのし上がる経営者が多く、会計部門の言うことは軽んじて、あまり耳を傾けない場合が多いからですね。 その理由も理解できないわけではないです。経営者の現場で感じる肌身感覚と、会計部門の責任者のワンクッション置いた感覚ではどうしても差が出てしまい、会計部門の責任者が近視眼的な処方を提案するケースが多いからですね。経営者は全体を統括して見渡しているため、近視眼的な処方の提案が不適切と感じるわけです。そんな経験が何度か続くと、「もう会計部門の意見はいいよ」となってしまうわけです。 会計部門の責任者ももうちょっと現場の状況を知ろうとする努力をした上で提案すればいいのですが、そうではないケースが多いです。 中小企業の場合には、会計部門の責任者の役割を税理士が果たしているケースも多いですが、税理士のミスリードで潰れかかった会社を僕は見てきました。


借金の底なし沼で知ったお金の味 25歳フリーター、借金1億2千万円、利息24%からの生還記(金森重樹著)
このコラムが本になりました。下のリンクからアマゾンで購入できます。

借金の底なし沼で知ったお金の味 25歳フリーター、借金1億2千万円、利息24%からの生還記(金森重樹著)



Home ->   会計の知識の必要性


会社倒産救済会 経営者のための会社倒産回避相互コミュニティ お問い合わせ 会社倒産救済会 経営者のための会社倒産回避相互コミュニティ

会社更生法申請のご相談。会社破産、会社倒産を回避。倒産回避相互コミュニティ