会社更生法申請など経営者のための会社倒産回避相互コミュニティ

会社倒産救済会 経営者のための会社倒産回避相互コミュニティ 会社倒産救済会 経営者のための会社倒産回避相互コミュニティ お問い合わせ
プロフィール
金森重樹プロフィール
1970年生まれ
25歳年収240万円のフリーターのときに負った5400万円の借金が5年間で利息と遅延損害金で1億2700万円まで膨れ上がる。
また、その借金は免責不許可事由に該当するため自己破産もできない状況に追い詰められる。
会社に就職してサラリーマンになるとともにマーケティング技術を極め、その後独立し10年かかって借金の完済に至る。
この借金の塗炭の苦しみから得た気づきを基に、借金で苦しむ人間同士が困難を切り抜けた人を交え、お互いに助け合える相互扶助のコミュニティを作る。
金森重樹プロフィール 続きはこちら
プロフィール

Home ->   会社で学んだこと

会社で学んだこと


会社倒産回避・会社更生法等『借金解決情報メルマガ』(無料)
会社倒産、破産、借金解決に向けた最新ニュース、会社更生法申請のご相談。
金森からのメッセージ、交流会などのイベント情報を配信しています。
フリーメール以外のアドレスをご登録下さい。(詳しくはこちら
E-Mail: 購読解除はこちら

僕の配属された部署は、その頃、中目黒の不動産屋が目指していた株式公開のために設置されたばかりの公開準備室というところでした。 僕はそこでE子さんと一緒に、T部長の下で株式公開の段取りをすることになっていました。 入社してすぐにわかったのですが、会社には誰も株式公開の経験者はいませんでした。 つまり、僕は自分で自分を助けていかないと、誰も僕のことを助ける人間はいないのです。 僕は社内では誰にも適切な指示を与えられることがないことを早々に知ることになります。 ただ、外部にはたくさんの専門家がいることもわかりました。監査法人、証券会社、証券印刷会社、これらの専門家は株式公開についての経験や、専門的知識をたくさん持っていました。 そして、僕がもう一つ知ったことは、株式公開をすることによって、社長には大金が転がり込んでくるということでした。社長だけではなく、監査法人とか証券会社などにも、まとまったお金が支払われているようでした。そこには、世の中における資本主義の本質とか、チャンスといった匂いが感じられました。 マンションを開発して販売するといった事業とは違った形で大金が流れ込んでくる株式公開というものに、社長を初めとした取締役連中は、取り憑かれたように魅了されていました。 その当時の僕には、株式公開をする会社というのは、ものすごく大きくて、本社ビルも立派なのがあって、TVCMもバンバンやっている会社というイメージがあったものですから、本当にこんな雑居ビルの何フロアかを借りているだけの不動産デベロッパーに、そんな大それたことが可能なのか、信じられませんでした。 そして、もう一つ知ったことは、不動産業はその当時は、株式公開を最もやりやすい業種の一つだということでした。 今の新興市場は若干趣を異にしていますが、当時の新興市場(当時の新興市場は、株式店頭登録市場でした)においては、会社の売上の規模感が暗黙のうちに必要とされていました。 そんな中で、不動産デベロッパーにおいて数十億円の売上を作ることは、マンション1戸が数千万円するわけですから、簡単なわけです。 たとえば、売上が30億円が規模感として必要だとしますよね。 そして、マンションの平均販売価格が3000万円だとすると、わずか100戸のマンションを販売すれば達成してしまうのです。 これは、下手をしたら一現場で達成してしまう規模です。 他の業種で30億円の売上を作ろうとすれば、それなりに歳月をかけて会社を創っていく必要がありますし、製造業だったりすると、膨大な数の社員がいなければ、これを達成することができません。 ところが、不動産デベロッパーが、30億円の売上を上げるためには十数人も社員がいれば十分です。 世間的な評価とすれば、売上30億円の会社は売上30億円の会社なわけで、業種がどうであれ、中身がどうであれ、一定の評価が得られるわけです。 僕が、会社に入って初期の段階で学んだことのうち一つを挙げるとすれば、「世の中には金持ちになるのが簡単な業種もあれば、非常に長い時間を必要としたり、膨大な社員を必要とする業種もある」ということでした。


借金の底なし沼で知ったお金の味 25歳フリーター、借金1億2千万円、利息24%からの生還記(金森重樹著)
このコラムが本になりました。下のリンクからアマゾンで購入できます。

借金の底なし沼で知ったお金の味 25歳フリーター、借金1億2千万円、利息24%からの生還記(金森重樹著)



Home ->   会社で学んだこと


会社倒産救済会 経営者のための会社倒産回避相互コミュニティ お問い合わせ 会社倒産救済会 経営者のための会社倒産回避相互コミュニティ

会社更生法申請のご相談。会社破産、会社倒産を回避。倒産回避相互コミュニティ