会社更生法申請など経営者のための会社倒産回避相互コミュニティ

会社倒産救済会 経営者のための会社倒産回避相互コミュニティ 会社倒産救済会 経営者のための会社倒産回避相互コミュニティ お問い合わせ
プロフィール
金森重樹プロフィール
1970年生まれ
25歳年収240万円のフリーターのときに負った5400万円の借金が5年間で利息と遅延損害金で1億2700万円まで膨れ上がる。
また、その借金は免責不許可事由に該当するため自己破産もできない状況に追い詰められる。
会社に就職してサラリーマンになるとともにマーケティング技術を極め、その後独立し10年かかって借金の完済に至る。
この借金の塗炭の苦しみから得た気づきを基に、借金で苦しむ人間同士が困難を切り抜けた人を交え、お互いに助け合える相互扶助のコミュニティを作る。
金森重樹プロフィール 続きはこちら
プロフィール

Home ->   最終損失総額

最終損失総額


会社倒産回避・会社更生法等『借金解決情報メルマガ』(無料)
会社倒産、破産、借金解決に向けた最新ニュース、会社更生法申請のご相談。
金森からのメッセージ、交流会などのイベント情報を配信しています。
フリーメール以外のアドレスをご登録下さい。(詳しくはこちら
E-Mail: 購読解除はこちら

Kさんに融資を断られた僕には、もはや打つ手がありませんでした。 万策尽きた僕は、九段下のKさんの事務所からアパートまでとぼとぼと歩いて戻り、これまでの取引をすべて計算することに着手しなければなりませんでした。 その頃の僕は、投機に使うお金はすべて借金で賄っていましたが、生活に使うお金はほとんどありませんでした。 投機には数百万円使うことができても、自分の生活にはまったくお金をかけられない状態になっていました。 ですから、アパートも地域で最安値の昔倉庫として使われていた、一日中まったく日が当たらず薄暗くてっぽくて、壁全面に灰色のカビが浮きあがった部屋に住んでいました。 日中でも蛍光灯をつけなければ真っ黒のその部屋に戻った僕は、脚が折りたためるようになっている小さなちゃぶ台を押入れから引っ張り出してきました。 そして、それまで見ると憂鬱になるのでビニール袋にまとめて放り込んだままにしていた商品取引の売買報告書をちゃぶ台の上に全部ぶちまけて、日付順に並べて行きました。  平成7年7月14日800万円入金  平成7年7月24日100万円入金  平成7年8月21日50万円入金  平成7年9月8日100万円入金 そうして日付順に並べてみると連日、凄まじい金額が、商品取引に吸い込まれていく経過が手に取るようにわかりました。 最終的に巨額の損害の発生という結末がわかっている取引の計算をすることは精神的に苦痛を伴うものでした。  平成7年9月12日100万円入金  平成7年10月9日60万円入金  平成7年10月11日970万円入金  平成7年11月28日600万円入金 僕は、これらの数字を一件ずつ電卓で入力して集計していきました。 入金額つまり失ってしまった金額のどれか一つのその100分の1でも使えばおいしい夕食が取れて、少しは幸せな気持ちになれたかもしれません。しかし、それは僕がパチンコにってお金をどんどん吸い取られた時とまったく同じで、自分の幸せのためにはお金は1円も使われることなくむなしく溶けていった金額でした。  平成8年4月19日100万円入金  平成8年4月23日270万円入金  平成8年4月26日230万円入金  平成8年4月30日735万円入金 僕は、苦いお金の味を噛み締めながら、黙々と電卓を弾いていきました。 失ってしまったお金は、その当時のフリーターの僕には想像を絶するものでした。 そして、最後の取引……。  平成8年5月1日125万円入金  平成8年5月27日200万円出金  平成8年5月29日153万円入金 これが、僕が行った取引のために入金された委託証拠金の入出金額です。

借金の底なし沼で知ったお金の味 25歳フリーター、借金1億2千万円、利息24%からの生還記(金森重樹著)
このコラムが本になりました。下のリンクからアマゾンで購入できます。

借金の底なし沼で知ったお金の味 25歳フリーター、借金1億2千万円、利息24%からの生還記(金森重樹著)



Home ->   最終損失総額


会社倒産救済会 経営者のための会社倒産回避相互コミュニティ お問い合わせ 会社倒産救済会 経営者のための会社倒産回避相互コミュニティ

会社更生法申請のご相談。会社破産、会社倒産を回避。倒産回避相互コミュニティ