会社更生法申請など経営者のための会社倒産回避相互コミュニティ

会社倒産救済会 経営者のための会社倒産回避相互コミュニティ 会社倒産救済会 経営者のための会社倒産回避相互コミュニティ お問い合わせ
プロフィール
金森重樹プロフィール
1970年生まれ
25歳年収240万円のフリーターのときに負った5400万円の借金が5年間で利息と遅延損害金で1億2700万円まで膨れ上がる。
また、その借金は免責不許可事由に該当するため自己破産もできない状況に追い詰められる。
会社に就職してサラリーマンになるとともにマーケティング技術を極め、その後独立し10年かかって借金の完済に至る。
この借金の塗炭の苦しみから得た気づきを基に、借金で苦しむ人間同士が困難を切り抜けた人を交え、お互いに助け合える相互扶助のコミュニティを作る。
金森重樹プロフィール 続きはこちら
プロフィール

Home ->   八方塞がりの時

八方塞がりの時


会社倒産回避・会社更生法等『借金解決情報メルマガ』(無料)
会社倒産、破産、借金解決に向けた最新ニュース、会社更生法申請のご相談。
金森からのメッセージ、交流会などのイベント情報を配信しています。
フリーメール以外のアドレスをご登録下さい。(詳しくはこちら
E-Mail: 購読解除はこちら

わずか3ヵ月で、母親から預かっていた資金1000万円を巻き上げられ、自分の貯金を合わせて1150万円お金を摩ってしまった馬鹿なフリーター。 その馬鹿なフリーターがその時の僕でした。 僕の手元には、もうこれっぽっちもお金が残されていなかったのです。 1150万円のお金を埋め合わせするには、当時のフリーターの僕の収入では毎月の家賃を含めた生活費を10万円に切り詰めたとしても10年はかかる計算でした。 でも10年かかって損害をすべて埋め合わせて元に戻ったからといって、僕はその時35歳。 それから、どうやってその後の人生を過ごしていけばいいのでしょうか? 出ることのない答えを求めて、僕は毎日悩んでいました。 だったら、昼間もバイトを入れて少しでも働けばいいようなものなのですが、そんな気にもなれず、昼間はユーロビートのガンガン掛かった飯田橋の駅前のパチンコ屋でお金を無駄使いしてしまって、夜は銭湯の帰りにコンビニで100円のパック酒を買ってきて弟と飲みながら、愚痴を漏らすという無為な日々を過ごしていました。 母親からは時折、「同窓会の連絡があったよ」などと電話がかかってきましたが、僕は、どうしても母親に預かっていた1000万円を摩ったことを言い出せませんでした。 母親に後ろめたい気持ちで一杯で、一刻も早く電話を終わらせたかったので、いつも母親の話を最後まで聞き終わらないうちに「もう、電話切るよ」と、話もそこそこに電話をガチャンと切っていました。 そんなある日、H氏から会いたい旨の電話がかかってきました。 正直、H氏とはもう話したくありませんでしたし、今さら一文無しになった僕なんかに利用価値もないだろうに、何の話をするつもりなのか訝しく思いました。 でもその時の僕は、八方塞がりでしたので、もしかしたら何らかの解決策をH氏が持ってきたのではないかという、淡い期待を抱かなかったといえば嘘になります。 結局、H氏の「実は、金森さんにお話ししたい、いいプランがあるのですが……」というH氏の言葉に負けて話を聞くことにしました。


借金の底なし沼で知ったお金の味 25歳フリーター、借金1億2千万円、利息24%からの生還記(金森重樹著)
このコラムが本になりました。下のリンクからアマゾンで購入できます。

借金の底なし沼で知ったお金の味 25歳フリーター、借金1億2千万円、利息24%からの生還記(金森重樹著)



Home ->   八方塞がりの時


会社倒産救済会 経営者のための会社倒産回避相互コミュニティ お問い合わせ 会社倒産救済会 経営者のための会社倒産回避相互コミュニティ

会社更生法申請のご相談。会社破産、会社倒産を回避。倒産回避相互コミュニティ