会社更生法申請など経営者のための会社倒産回避相互コミュニティ

会社倒産救済会 経営者のための会社倒産回避相互コミュニティ 会社倒産救済会 経営者のための会社倒産回避相互コミュニティ お問い合わせ
プロフィール
金森重樹プロフィール
1970年生まれ
25歳年収240万円のフリーターのときに負った5400万円の借金が5年間で利息と遅延損害金で1億2700万円まで膨れ上がる。
また、その借金は免責不許可事由に該当するため自己破産もできない状況に追い詰められる。
会社に就職してサラリーマンになるとともにマーケティング技術を極め、その後独立し10年かかって借金の完済に至る。
この借金の塗炭の苦しみから得た気づきを基に、借金で苦しむ人間同士が困難を切り抜けた人を交え、お互いに助け合える相互扶助のコミュニティを作る。
金森重樹プロフィール 続きはこちら
プロフィール

Home ->   「それしか方法がない」

「それしか方法がない」


会社倒産回避・会社更生法等『借金解決情報メルマガ』(無料)
会社倒産、破産、借金解決に向けた最新ニュース、会社更生法申請のご相談。
金森からのメッセージ、交流会などのイベント情報を配信しています。
フリーメール以外のアドレスをご登録下さい。(詳しくはこちら
E-Mail: 購読解除はこちら

取引の専門家のH氏に任せておけば大丈夫だと思った僕は、とんでもない甘チャンですね。 今の僕だったら、「自分の運命のハンドルから手を放して他人に委ねた人間は、その他人に人生を無茶苦茶にされても文句は言えない」と言うことでしょう。 案の定、次の危機はすぐに訪れました。 数日後、H氏が電話をかけてきて、_「金森さん。損害が一層拡大しています。追加の証拠金を100万円入金してください。そうしなければ、これまでご入金いただいた800万円も失ってしまうことになります」 と言いました。 正直、僕はこれ以上取引をしたくなくて、全部売って逃げ出したい気持ちで一杯だったのですが、これまでにすでに入金してしまった800万円を失ったとなれば、僕が何年バイトをしても到底埋め合わせができない金額です。 100万円を入れるだけで、800万円を失うことを守れるのならば、より痛みが少ないため、H氏の要求に応じるほかありませんでした。 その時の僕には、それしか解決方法がないように感じられたのです。 どちらかの悪いほうを選べと言われたら、より痛みが少ないように感じられるほうを選ぶのが人間の性というものではないでしょうか。 その後もH氏は何度も証拠金を要求してきて、そのたびに僕は取引を止めようと思いながらも、結局はH氏の「資金を入れないと、損が取り戻せないだけではなく、今まで支払った分もなくなりますよ」という説得に屈して、泣く泣く証拠金を入れ続けました。 その際に、僕の心配を和らげるためにH氏は「そこまでご心配されるならば、私が元本保証をします」などの説得を繰り返しました。 そんな口約束など何の意味も持たないのですが、その時の僕にはそんな雲をつかむような言葉にもりたいという気持ちがあったことは事実でした。 早いと感じられるかもしれませんが、平成7年10月初旬の段階で、わずか3ヵ月で僕は母親から預かっていた資金1000万円全額を巻き上げられた上、自分の貯金を追加して1150万円もの証拠金を入金してしまっていたのです。 もう限界でした……。 その時の僕には、まったくお金が残されていませんでした。 ああ、終わってしまった……。 とんでもない損害が出てしまった……。 これからいったい僕はどうやって、この後始末をつければいいのだろう……。 この段階で、僕は絶望の淵にいました。 ところがこれは、僕に起こった出来事のほんの序章でしかなかったのです。


借金の底なし沼で知ったお金の味 25歳フリーター、借金1億2千万円、利息24%からの生還記(金森重樹著)
このコラムが本になりました。下のリンクからアマゾンで購入できます。

借金の底なし沼で知ったお金の味 25歳フリーター、借金1億2千万円、利息24%からの生還記(金森重樹著)



Home ->   「それしか方法がない」


会社倒産救済会 経営者のための会社倒産回避相互コミュニティ お問い合わせ 会社倒産救済会 経営者のための会社倒産回避相互コミュニティ

会社更生法申請のご相談。会社破産、会社倒産を回避。倒産回避相互コミュニティ