会社更生法申請など経営者のための会社倒産回避相互コミュニティ

会社倒産救済会 経営者のための会社倒産回避相互コミュニティ 会社倒産救済会 経営者のための会社倒産回避相互コミュニティ お問い合わせ
プロフィール
金森重樹プロフィール
1970年生まれ
25歳年収240万円のフリーターのときに負った5400万円の借金が5年間で利息と遅延損害金で1億2700万円まで膨れ上がる。
また、その借金は免責不許可事由に該当するため自己破産もできない状況に追い詰められる。
会社に就職してサラリーマンになるとともにマーケティング技術を極め、その後独立し10年かかって借金の完済に至る。
この借金の塗炭の苦しみから得た気づきを基に、借金で苦しむ人間同士が困難を切り抜けた人を交え、お互いに助け合える相互扶助のコミュニティを作る。
金森重樹プロフィール 続きはこちら
プロフィール

Home ->   損害をこれ以上大きくしない方法

損害をこれ以上大きくしない方法


会社倒産回避・会社更生法等『借金解決情報メルマガ』(無料)
会社倒産、破産、借金解決に向けた最新ニュース、会社更生法申請のご相談。
金森からのメッセージ、交流会などのイベント情報を配信しています。
フリーメール以外のアドレスをご登録下さい。(詳しくはこちら
E-Mail: 購読解除はこちら

永遠に続くように感じられた土日が終わって、月曜日の朝がやってきました。 僕は、H氏のところに電話をかけて朝一番ですべての生糸を売却して、この、とんでもない損害から大至急脱出したいと考えていました。 損害をどのようにして埋め合わせるかの案はまったくありませんでしたが、この状態から一刻も早く逃れたいとの一念でH氏の投資会社に電話をかけました。_「Hさん、未実現の差損っておっしゃいますけど、ホントはもう損が出ているんですよね。損が出ているのなら全部売ってください。大急ぎで売ってください! お願いします!」 僕は、焦っていました。あんなにわずかの時間で150万円もの損害が出てしまったのですから、もし、少しでも売却が遅れてしまうと損害がもっと拡大してしまうのではないかと心配したからです。 そんな僕の焦りを知ってか知らずか、H氏はゆっくりと落ち着いた物言いで、「ここで下手にやめたのでは金森さんの損は回復しませんよ」と言って、僕の売却を思いとどまらせようとしました。 正直、僕は焦っていたので大声を出して、_「大急ぎで売ってください!」 と叫びたい気持ちでしたが、そんな僕にH氏はこんなことを言いました。_「金森さん。これ以上、損害が拡大しないためのいい方法があるのですが興味ありませんか? 今は、過ぎ去った損害についてくよくよと思い悩むよりも、これからどうやったら損害が拡大しないで済むのかを知ることのほうが大切ではありませんか? でしたら、私の話をお聞きになったほうが得策だと思うのですが」 損害が拡大しない方法? 一刻も早く売却すること以外に方法があるのでしょうか? めちゃくちゃ焦っていた僕の思考が一瞬だけ停止状態に陥りました。 その瞬間を見透かしたように、H氏は電話口でこうたたみかけてきたのです。_「こういう時には、相場が下がっても利益が出るように両建てと言って売りを立てておけば、買いの損失と売りの利益が相殺されて、これ以上は損害が大きくならずに安心なんです」 僕は、その藁にすがりました……。 その時の僕は、短期間に母親から預かっていた資金に穴をあけたことにひどく動揺していたのと、H氏の損害が拡大しないという説明に救いを求めて両建てを行うことを承諾したのです。 その日生糸30枚、翌日生糸20枚、一日あけて翌日生糸70枚の合計120枚をH氏に言われるままに僕は両建てしてしまいました。 僕は、この時点で自分がどれだけの金額の投資をしていて、どれだけの損害が出ているのか正直わからなくなってしまっていました。 H氏に言われた両建ては完了したものの、今後どのようにすれば損害が回復できるのかまったく見当もつかない状態でした。 そんな時に人間がとる方法には二つあると思います。  1 なんとか自分の力で事態の把握を図ろうと理解に努める  2 理解することを放棄して、相手に意思決定を委ねてしまう その時の僕は、2番を選びました。 僕は、「心配はいりませんから私に任せてください」という言葉に望みを託して、H氏に判断を委ねることにしたのです。 今から考えれば、それは泥棒に金庫番をさせるようなものなんですが、その時の僕は自分で考えることを放棄してしまいました。


借金の底なし沼で知ったお金の味 25歳フリーター、借金1億2千万円、利息24%からの生還記(金森重樹著)
このコラムが本になりました。下のリンクからアマゾンで購入できます。

借金の底なし沼で知ったお金の味 25歳フリーター、借金1億2千万円、利息24%からの生還記(金森重樹著)



Home ->   損害をこれ以上大きくしない方法


会社倒産救済会 経営者のための会社倒産回避相互コミュニティ お問い合わせ 会社倒産救済会 経営者のための会社倒産回避相互コミュニティ

会社更生法申請のご相談。会社破産、会社倒産を回避。倒産回避相互コミュニティ