会社更生法申請など経営者のための会社倒産回避相互コミュニティ

会社倒産救済会 経営者のための会社倒産回避相互コミュニティ 会社倒産救済会 経営者のための会社倒産回避相互コミュニティ お問い合わせ
プロフィール
金森重樹プロフィール
1970年生まれ
25歳年収240万円のフリーターのときに負った5400万円の借金が5年間で利息と遅延損害金で1億2700万円まで膨れ上がる。
また、その借金は免責不許可事由に該当するため自己破産もできない状況に追い詰められる。
会社に就職してサラリーマンになるとともにマーケティング技術を極め、その後独立し10年かかって借金の完済に至る。
この借金の塗炭の苦しみから得た気づきを基に、借金で苦しむ人間同士が困難を切り抜けた人を交え、お互いに助け合える相互扶助のコミュニティを作る。
金森重樹プロフィール 続きはこちら
プロフィール

Home ->   六本木の投資会社にて

六本木の投資会社にて


会社倒産回避・会社更生法等『借金解決情報メルマガ』(無料)
会社倒産、破産、借金解決に向けた最新ニュース、会社更生法申請のご相談。
金森からのメッセージ、交流会などのイベント情報を配信しています。
フリーメール以外のアドレスをご登録下さい。(詳しくはこちら
E-Mail: 購読解除はこちら

H氏の所属する投資会社は、当時はまだなかった六本木ヒルズのすぐそばにありました。 そして、今もあります。 今の僕はその建物の前を通ってもなんの感情も沸きません。 しかし、巨額の借金を抱えて六本木に住んでいた頃の僕はその会社の前を通るたびに、忌まわしい過去の記憶が蘇ってきて、胃の下のあたりがキュッと締め付けられるような感覚を覚えたものです。 さて、投資会社に着くと、H氏が待ち構えていて、他にもたくさんの営業の人間が、慌てた様子で顧客と電話のやり取りをしていました。 営業の机が並んだ島のあちこちから「お客さん、急いでください!」とか、「今がチャンスです! 今買えば倍は堅いです!」とか、半分叫ぶような営業の電話の声が聞こえてきました。 投資会社というところに初めてやってきた僕は、その場の雰囲気に圧倒されてしまい、よほど凄いことが起こっているんだろうと勝手に想像していました。_「もしかしたら、何かとんでもない相場の状況になっているから、みんな慌てているのかもしれないな……」 その時の僕は、そう感じていました。 会社の壁には、一面に小豆、生糸、金などいろいろな商品の相場の金額を示す掲示板がいくつも並んでいて、前の日の取引の値段が表示されていました。 僕がけたたましい電話でのやり取りに圧倒されて、ぼーっとしていると、H氏が話しかけてきました。_「金森さん、あまり時間がないから約諾書に署名する前に、先に注文を出してください。どっといきましょう」


借金の底なし沼で知ったお金の味 25歳フリーター、借金1億2千万円、利息24%からの生還記(金森重樹著)
このコラムが本になりました。下のリンクからアマゾンで購入できます。

借金の底なし沼で知ったお金の味 25歳フリーター、借金1億2千万円、利息24%からの生還記(金森重樹著)



Home ->   六本木の投資会社にて


会社倒産救済会 経営者のための会社倒産回避相互コミュニティ お問い合わせ 会社倒産救済会 経営者のための会社倒産回避相互コミュニティ

会社更生法申請のご相談。会社破産、会社倒産を回避。倒産回避相互コミュニティ