会社更生法申請など経営者のための会社倒産回避相互コミュニティ

会社倒産救済会 経営者のための会社倒産回避相互コミュニティ 会社倒産救済会 経営者のための会社倒産回避相互コミュニティ お問い合わせ
プロフィール
金森重樹プロフィール
1970年生まれ
25歳年収240万円のフリーターのときに負った5400万円の借金が5年間で利息と遅延損害金で1億2700万円まで膨れ上がる。
また、その借金は免責不許可事由に該当するため自己破産もできない状況に追い詰められる。
会社に就職してサラリーマンになるとともにマーケティング技術を極め、その後独立し10年かかって借金の完済に至る。
この借金の塗炭の苦しみから得た気づきを基に、借金で苦しむ人間同士が困難を切り抜けた人を交え、お互いに助け合える相互扶助のコミュニティを作る。
金森重樹プロフィール 続きはこちら
プロフィール

Home ->   理解するということ

理解するということ


会社倒産回避・会社更生法等『借金解決情報メルマガ』(無料)
会社倒産、破産、借金解決に向けた最新ニュース、会社更生法申請のご相談。
金森からのメッセージ、交流会などのイベント情報を配信しています。
フリーメール以外のアドレスをご登録下さい。(詳しくはこちら
E-Mail: 購読解除はこちら

結局、人間はその立場にならないと理解できない主観に満ちた世界で生きているんだと思います。 お金を消費する活動は「自傷行為」です。「アルコール」「脂」「砂糖」は人間にとって快楽ではあるけれども摂取しつづけると自分の健康を損ねます。 それと同じで、ストレスに曝された日常から逃避するために、心の空虚感を物によって満たすために、コンプレックスの裏返しとしての誇示的消費によって自尊心を満たすために、自制心が効かずにお金を使ってしまうこと、あるいは持ってもいないお金までカードを利用して使い果たしてしまうことは、自らの経済的健康を損ねます。_「ボーナスが入ったら○○を買おう」「○○円貯まったら、○○を買おう」「○○に負けないように今度のフェラーリの新型を買おう」という発想は、貯蓄即消費の自傷行為ですが、その立場にいる人は無間地獄の中で、物欲にまみれて富裕層には永久になれないまま一生を終えます。 その人たちにとっては、間違いなく消費活動は快楽であり、「お金持ちになったら自分の好きなものを買える」と思うでしょうが、それはその立場に居る時の主観的な物事の捉え方です。 本当に何でも好きなだけ買える状態に到達した人間は、そこまでの過程でお金の扱い方を身につけていますから、消費活動を快楽ではなく苦痛と感じるようになっているはずです。_「何でも買えるだけの財力を持った者は何も欲しくなくなる」_「お金はあってもお金を使うことができない」 まさにパラドックスですが事実です。 お金の扱い方を身につけないままに、相続など突発的な理由で巨額のお金が入ってきた人間は消費活動を快楽と捉えたままでお金を持っているわけです。心の在り方を変えない限りいずれお金を使い果たし、無い金まで使って破産します。これもまたその人の主観が成せる技です。 この話がその立場にならないと理解できないように、僕はKさんの話す内容を吸収するだけの理解力を身につけていませんでした。理解できないのだから、得るものがない。


借金の底なし沼で知ったお金の味 25歳フリーター、借金1億2千万円、利息24%からの生還記(金森重樹著)
このコラムが本になりました。下のリンクからアマゾンで購入できます。

借金の底なし沼で知ったお金の味 25歳フリーター、借金1億2千万円、利息24%からの生還記(金森重樹著)



Home ->   理解するということ


会社倒産救済会 経営者のための会社倒産回避相互コミュニティ お問い合わせ 会社倒産救済会 経営者のための会社倒産回避相互コミュニティ

会社更生法申請のご相談。会社破産、会社倒産を回避。倒産回避相互コミュニティ