会社更生法申請など経営者のための会社倒産回避相互コミュニティ

会社倒産救済会 経営者のための会社倒産回避相互コミュニティ 会社倒産救済会 経営者のための会社倒産回避相互コミュニティ お問い合わせ
プロフィール
金森重樹プロフィール
1970年生まれ
25歳年収240万円のフリーターのときに負った5400万円の借金が5年間で利息と遅延損害金で1億2700万円まで膨れ上がる。
また、その借金は免責不許可事由に該当するため自己破産もできない状況に追い詰められる。
会社に就職してサラリーマンになるとともにマーケティング技術を極め、その後独立し10年かかって借金の完済に至る。
この借金の塗炭の苦しみから得た気づきを基に、借金で苦しむ人間同士が困難を切り抜けた人を交え、お互いに助け合える相互扶助のコミュニティを作る。
金森重樹プロフィール 続きはこちら
プロフィール

会社倒産回避・会社更生法等『借金解決情報メルマガ』(無料)
会社倒産、破産、借金解決に向けた最新ニュース、会社更生法申請のご相談。
金森からのメッセージ、交流会などのイベント情報を配信しています。
フリーメール以外のアドレスをご登録下さい。(詳しくはこちら
E-Mail: 購読解除はこちら

倒産救済会について

このサイトは、『お金の味』の著者で年収240万円のフリーターだった金森重樹が
5400万円の借金を返済した体験を基に、会社倒産・破産の問題を抱え借金で苦しむ
あなたを励まし、生きる希望と勇気を提供するために作られました。

借金で苦しむあなたに新しい会社での仕事の場の提供、心の悩みの相談、避難場所の提供、
そして同じ会社倒産・破産の悩みで苦しむ仲間との交流を提供するため相互扶助の精神で運営されています。

【最新の倒産救済事例】

障害者就労継続A型 株式会社金沢福祉振興会 ASTANT

昨年倒産救済会にご相談の連絡をいただき、僕の方でスポンサーとして
資金を提供してきた障がい者自立支援施設がオープンしました。


金沢市にある障害者自立支援センター いま世の中には鬱病の人が多いですよね。
また、鬱病とは判然としなくても、隠れ鬱病的な人は会社には沢山います。

そういった人が再度社会復帰できるようにトレーニングを行い、もう一度自立して仕事ができるようにするのが自立支援施設というものです。

この施設を始めたいという方から相談がありまして、何カ月も話を詰めていましたが、
僕の方でスポンサーになることで事業をスタートされました。

障がい者の方が、自分で自分の飯を稼ぐということは大切なことだと思います。


精神障がい者、身体障がい者、知的障がい者の自立支援センター 自立支援A型というのは割と最近できた自立支援施設なんですが、この先進的な取り組みを鬱病の方に絞り込んでやっていくということは僕は意味があることだと思います。

親族の方のご協力もいただいてなんとかここまでこぎつけることができました。関係者の方には感謝いたします。

僕の方は、人生を再スタートする方に年間5000万円〜6000万円をスポンサーして、再起の支援をしています。

【アートギャラリーの救済事例】

アートの新しい活用スタイルをご提案。コンテンポラリー・ジャパン お台場のホテル内に本日画廊をオープンしました

昨年倒産救済会にご相談の連絡をいただき、僕の方でスポンサーとして資金を提供してきた画商がお台場のホテル内に本日画廊をオープンしました。



もともとは別のホテル内に3店舗の画廊を構えて商売をされてきた美術業界の経験が長い方ですが、高額美術品取引に関連して騙されて、店をすべて潰してしまいました。

その後、1年間にわたり僕とコンセプトを煮詰めてきて、あるキャラクターをベースとしたコンテンポラリーアートを中心とした新しいギャラリーをやっていこうという話になっていました。

コンテンポラリー・ジャパン、ホテル・ショップ外観紹介 ところが、震災によってキャラクターが不謹慎ではないかという話が僕らの間で議論になりまして、出店を予定しているホテルとも協議した結果、そのコンセプトについては一時白紙撤回という状況になって夏を迎えました。

そして、ミスター・ブレインウオッシュを中心としたコンセプトで再度練り直して今回の画廊のオープンに至ります。

僕は、画商がここから人生復活の一歩を踏み出すことを大変喜ばしい気持ちで祝福しています。

もう画商自体はブラックがつきましたので代表者になれませんので親族の方のご協力もいただいたり、僕も人をご紹介したりの全員での応援体制でなんとかここまでこぎつけることができました。関係者の方には感謝いたします。

僕の方は、人生を再スタートする方に年間5000万円〜6000万円をスポンサーして、再起の支援をしています。

倒産救済会【救済の声・救済事例】

関東 倒産の事例:倒産後救済された方の声
関東 48歳 Sさん【救済の声】

この話を知人にすると「そんな話し世の中にあるの?」と言われます。
いまでは一日も早くこの店を軌道にのせて、 また次のステップにチャレンジしたいという意欲まで沸いてきています。

→詳しくはこちら

関東 倒産の事例:倒産後救済された方の声
関西在住 51歳 Mさん【救済の声】

現在は、金森社長が関係している会社で仕事に携わってます。
これからも金森社長とお付き合いをさせていただきながら人生のどん底からの再出発をしたいと思います。

→詳しくはこちら

横浜市 倒産の事例:倒産後救済された方の声
横浜市 建設業 39歳 Nさん【救済の声】

倒産救済会のサイトを見なければ、今の私はありません。
正直、人生を台無しにするような方向に向かっていたかもしれないと考えると
身震いをする思いです。

→詳しくはこちら

関東 倒産の事例:倒産後救済された方の声
中国地方 ネットビジネス 50代 Yさん【救済の声】

今回、金森さんに紹介戴きました会社が、家賃の支払いや、旅費の立替、寮の確保等をして戴き、まさに身一つで移動しました。
復活のきっかけを与えて戴き、心の底から感謝しています。

→詳しくはこちら

関東 倒産の事例:倒産後救済された方の声
関東 50代 Kさん【救済の声】

私は大きな失敗をしてしまいましたが、この現実を教訓に残りの人生を不義理してしまった人に、また社会に、少しでも貢献出来ます様 に努力し、生きていきたいと思います。

→詳しくはこちら

兵庫県 50歳 Oさん【救済の声】:倒産後救済された方の声
兵庫県 50歳 Oさん【救済の声】

今まさに最悪の状況の中で何か光明が少しでも見ることができたら後はまた、良いサイクルに戻れると信じております。

→詳しくはこちら

関東 倒産の事例:倒産後救済された方の声
関東 21歳 Mさん【救済の声】

僕がこうなった過程、考え方、そして今後どうすべきか、金森さんの発する一言一言は、どれも本質的であり、確信を突かれてしまいました。

→詳しくはこちら

関東 倒産の事例:倒産後救済された方の声
関東 自営業 44歳 Sさん【救済の声】

金森先生と電話での質問、それに対する回答、それだけで頭がスキッリし、心もピシッと締まり、行動に張りを出すことができました。
心に迷いなく、まさに背水の陣で取り組んでいます。

→詳しくはこちら

倒産体験からの励ましの声【倒産体験談】

Y様 女性より

人間は生まれてくる時だって、何も持たないで出てくるし、
死ぬときだって、なにかを持って死んでいけるわけではありません。

みんな失ってしまっても、それほど未練を残すほどのものなんか、なにもないような気がします。

最期まで、その人がどのように生き抜いたかが、人生の価値のような気がします。
だから、失敗も人生のスパイスのような気がするのです。
けして、その人のマイナスではない。

とにかく、命があることはすばらしいこと!

→詳しくはこちら


経営者の破産・倒産

僕が会社経営をやっていることもあって、経営者の方から会社の倒産・破産に関する相談を受けることも多くなりました。

経営者が会社を倒産させる場合には、当然個人も自己破産することになりますが、

サラリーマンの方の場合には、仮に自己破産しても会社に迷惑をかけていなければ、

そのまま会社で働き続けることは可能ですが、

会社経営者の場合には、会社の倒産と個人の破産が同時に発生するため、
たちまち自分が働く場所を失ってしまいます。


僕は、このような会社倒産の危機にある会社にスポンサーとしてお金を出資するとともに、

会社を再建して経営者の方が、ふたたびそこで働けるような経営者の避難所となれればと考えております。

そして、5年なり7年たって再び経営者の方が、銀行とお付き合いできるようになった段階で、自分の会社を買い戻すこともありだと考えております。

また、会社が再起不能で、完全に倒産してしまった経営者の方は、
心を静める期間を経て、僕が再建中の会社で社員として働くことで、
働ける場所の確保ができる相互扶助ができたらと考えているのです。


お互いが同じ境遇にある者として、僕はそのような会社を倒産させてしまった会社経営者の働く場所を確保できたらと考えています。

通常考えたら、長い間会社経営をやっていて、履歴書に書くことがらが何もない人間を採用する会社などありません。

だから、働ける場所の確保は重要な問題だと考えているからです。


心の問題

経済的な問題は最終的にはお金で解決できますが、お金で解決できない問題もあります。
それは、借金で苦しんでいる人の心の問題です。

借金で苦しむ人は、たいていは相談する人がいません。

相談をすると、金の無心に来たのではないかと遠ざけられるのが落ちですし、逆になんで借金なんかしたんだと責められるのが落ちだからです。

そんな中で、おなじような会社倒産を経験している境遇の仲間と話すことは、心の交流にもなりますし、ひとりで悩むことによって鬱病とか自殺とか悪い方向に向かいがちな心を癒してくれます。

僕は、自分が借金で苦しんでいた時に
誰も話を聞いてくれないことが一番の苦しみでした。


僕が苦しみについて話しても、外面的にはビジネスはうまくいっていますし、経歴も順風満帆に見えることから誰もまともにとりあってくれないのです。

だから、この心の問題については、僕はグループワークとか、お互いが話し合う場所が提供できればと考えているのです。

そして、お互いが立ち直るきっかけをつかんでいけたらと考えているのです。

僕が借金で苦しんでいる当時、そういった交流とか情報交換とか悩みの相談が
できる場所があれば、どんなに救われたことか。


これが、このサイトを立ち上げようと思った一番大きな理由です。

『お金の味』にも書いていますように、いろいろな借金で苦しんでいる人たちの話を聞きにいくことで僕は復活への手掛かりをつかもうとしました。今、これをコミュニティという形で提供できるとすれば意義あることだとおもいます。

もう一つは、 会社の破産によっても救われない人たちを救済することです。

弁護士に頼んでも問題が解決しないケースがあります。

僕の場合には、免責不許可事由に該当する商品先物取引での借金ということで、破産しても意味がありませんでした。

このように、 法律による救済の範囲からすっぽりと抜け落ちてしまって、誰からも助けてもらえない問題というものがあります。そのような法律の埒外に置かれた人を救済する場所がいままでありませんでした。

これを、なんとかしていこうというのがこのコミュニティの2番目の意義だと考えています。


免責不許可事由

僕が昔苦しんだように、免責不許可事由での借金です。

僕の場合には、商品先物取引での借金ということでしたので、自己破産しても借金の免責が下りないため、自己破産することができませんでした。

それでも、数百万円単位でしたら、一部支払いによって裁量免責によって免責許可が下りる場合もありますが、負債金額が数千万円になってきますとこれも無理になってきます。

そうなると、僕が『お金の味』で書いているような修羅の道のど真ん中を通りながら最終的には、事業経営を行うことで、この巨額の借金を返済することになってきます。

このケースは、最終的には僕の書いている書籍などを勉強していただくことで、
真のビジネスのスキルを身に付けて、お金を返すしかありません。
ただ、このスキルを身に付けて返済が完了すれば、大きな稼ぐ力というものを手に入れることができます。

まさに、王道ともいえる借金をまともに返済する方法による解決です。
年収240万円のフリーターだった僕が5400万円返せたのですから、
実現は不可能ではありません。


倒産救済会がマスコミ各社に取り上げられました!

マスコミメディア各社に掲載されました!倒産、破産救済、会社倒産回避相互コミュニティ

IMG_004.jpg
SPA!

IMG_03.jpg
¥enSPA!

IMG_02.jpg
BIG tomorrow

IMG_01-1.jpg
日刊スポーツ「ニュースの扉」


  • 2009年5月26日  週刊SPA!5月26日発行に掲載されました。
  • 2009年4月26日  読売新聞「日曜求人」に掲載されました。
  • 2009年4月23日  ¥enSPA!4月23日臨時増刊に掲載されました。
  • 2009年4月 1日  BIG tomorrow4月号 に掲載されました。
  • 2009年3月21日  ネットマネー書評欄 に掲載されました。
  • 2009年3月 2日  週刊プレイボーイ「著者インタビュー」 に掲載されました。
  • 2009年2月26日  読売新聞広告局 に掲載されました。
  • 2009年2月17日  綜合放送「中島啓江のどーんと、ようこそ!」にゲスト出演しました。
  • 2009年2月13日  FM東京「よんぱち」にゲスト生出演しました。
  • 2009年2月 9日  日刊スポーツ「ニュースの扉」 に掲載されました。

運営者著書のご紹介

借金の底なし沼で知ったお金の味 25歳フリーター、借金1億2千万円、利息24%からの生還記(金森重樹著)
≪お金の味≫コラムが本になりました。下のリンクからアマゾンで購入できます。

借金の底なし沼で知ったお金の味 25歳フリーター、借金1億2千万円、利息24%からの生還記(金森重樹著)

※その他おもな監修書はこちら



倒産、破産で悩んでいる方は、今すぐご相談ください!


マークは必須事項になります。
お問い合わせ内容
お名前
郵便番号
ご住所
電話番号 (記入例:03-1000-1000
*半角数字 ハイフン「-」を入れてご記入下さい
携帯電話番号 (記入例:090-1000-1000
*半角数字 ハイフン「-」を入れてご記入下さい
E-Mail
*半角数字 フリーメール以外のアドレスをご記入下さい
お問合せ


しばらく経っても返信が届かない場合は、何らかのエラーの可能性がございますので、
お手数ですがもう一度メールを送信頂くか、直接メールをお送りください。
メールアドレス:gyosei@ad.il24.net

※@は半角に変更し送信ください。

→ 特定商取引に基づく表示


会社更生法申請、会社倒産、破産、借金解決の最新更新情報のご紹介

2012年9月15日 | 中国地方 ネットビジネス 50代 Yさん【救済の声】を更新しました

2011年12月25日 | 倒産救済会 倒産救済の声を更新しました

2011年2月24日 | 関東 自営業 50代 Kさん【救済の声】を更新しました

2011年1月14日 | 兵庫県 50歳 Oさん【救済の声】を更新しました

2010年12月25日 | 関東 21歳 Mさん 【救済の声】を更新しました

2010年12月20日 | Y様からの倒産体験談、励ましの声を更新しました

2010年12月13日 | 関西在住 51歳 Mさん 【救済の声】を更新しました

2010年12月11日 | 関東 48歳 Sさん 【救済の声】を更新しました

2010年12月 6日 | 関東 自営業 44歳 Sさん【救済の声】を更新しました

2010年11月29日 | 横浜市 建設業 39歳 Nさん【救済の声】を更新しました


会社倒産救済会 経営者のための会社倒産回避相互コミュニティ お問い合わせ 会社倒産救済会 経営者のための会社倒産回避相互コミュニティ

会社更生法申請のご相談。会社破産、会社倒産を回避。倒産回避相互コミュニティ